腸げ元気な人と見た目の若さは同じです

見た目の若さ、メイクやファッションをがんばっても、健康を害すると老けて見えます。
肌の老化を感じると、美容液やパックに悩む女性は多いですが、内臓のケアにも気を配る必要があります。
健康的な毎日を送っていないと、「疲れやすくなり、ホルモンのバランスが乱れます。
内臓のなかで女性が気にしてほしいのが、腸です。
腸は体にとって大切な栄養の入り口で、消化吸収のほとんどは小腸で行われます。
疲れが溜まったり、風邪をひきやすくなっているかたは、腸の老化により免疫力が低下しています。
30代から40代にかけて、便秘で悩む方が多いのですが、腹筋や腸の筋力が弱ったりストレスが溜まって腸の働きが悪くなるために起こります。

便秘が続くと、腸内に悪玉菌が増えて有害物質が肝臓へいき、慢性的な疲労につながります。
腸を元気にするには、水分をたっぷりとって発酵食品をとりましょう。
発酵商品は、便秘を改善して腸の働きをよくしてくれます。
納豆、味噌、甘酒、チーズ、キムチなど毎日少しでもとりましょう。
また、おなかを時計回りにマッサージすると、腸が元気になります。