虫歯にならないための歯の磨き方

姉が以前歯科衛生士をしていたので、虫歯にならない歯の磨き方について教えてもらい、それ以来ずっとその方法で歯磨きをしています。
最初は、歯磨き粉をつけないで磨きます。
歯磨き粉をつけてしまうと、ペパーミントなどの清涼剤で口の中がすっきりした感じになり、磨けたと勘違いしてしまうからです。
歯ブラシの毛先が、歯と歯茎の間に当たるようにして、力を入れずに細かく振動させます。
ここでは力を入れないということがポイントです。
奥歯から前歯に向かって歯の表側を一周したら、今度は裏側を一周します。
こうすると、一部分を磨き忘れてしまった、ということがありません。
上下磨きおわったところで、最後に歯磨き粉をつけて軽く磨きます。
歯磨き粉は、虫歯になりにくいという、フッ素の入ったものを使うようにしています。
そして最後に、仕上げとしてデンタルフロスを使います。
ワックスなしとありのものがありますが、ありのほうが滑りがよくて通りやすいので、私はこちらを使っています。
歯と歯の間は結構磨き残しがあるので、フロスを使うことによって、歯の間の汚れが取れるのです。
この方法で毎日丁寧に磨いているので、最近は虫歯になったことがありません。